もう悩まないために包茎手術を受けよう|様々な手術法から選択できる

自律神経の乱れが原因

男女

30代40代のED患者は精神的ストレスやプレッシャーなどが原因で起きています。うまくストレスやプレッシャーを解消できていればEDになる可能性は低くなるでしょう。しかしなかなかストレス発散ができずにため込んでしまう人もいます。ストレスを溜め込んでいると、交感神経が働いている状態が長くなってしまいます。交感神経が働くのは、仕事中や緊張している時、テレビやパソコンをしているときなどです。興奮状態が長いと、質の高い睡眠をとることができずに体を休めることができません。このような緊張状態が続くとEDの原因になってしまいます。交感神経の活動とは真逆の副交感神経がありますが、主に休みの日やお風呂に入ってリラックスしている時です。この状態の時にはストレスが減るので気持ちも穏やかになります。

交感神経と副交感神経はどちらも必要ですが、そのバランスをうまく取れていないと自律神経が乱れてしまい、EDになる可能性が高くなります。精神的ストレスを感じる人は、交感神経の活動を抑え、副交感神経の活動を増やしていくと良いでしょう。しかし、1人で解決することは難しいので、専門クリニックに行って相談してみると良いでしょう。1人で抱え込んでしまうと、仕事のストレスなどを抱え込んでしまったり、性生活に自信を無くしたりして、うつ病を発症させてしまう可能性もあります。ED以外の病気を発症させないためにも専門クリニックで早めにカウンセリングを行うと良いでしょう。